偽物の数が多い「ルイ・ヴィトン」

フリマアプリの中で、特に偽物の数が多い有名ブランドといえば、代表的なブランドが、ルイ・ヴィトンです。人気が高いので大量に生産をしても売れる可能性が高く、しかもコストを抑えて安く作れるため、偽物の数が昔から多いです。

フリマアプリの中では、特に「ラクマ」で多く見かけます。試しにラクマで「ヴィトン バッグ」で検索してみると、ヒットした最初のページの写真全部が偽物ということがありました。

フリマアプリの中では偽物に出会う確率が高く、実際に私が査定したブランドの偽物の中では、ダントツでヴィトンの偽物が多いです。しかも、年々、フリマアプリで買ったという理由の方からの査定の依頼が増えています。

ここでは、フリマアプリ(ラクマ)でルイヴィトンの偽物を買わないために、どういうヴィトンのバッグや財布が怪しいのか?見分け方について詳しく説明をします。

フリマアプリでの見分け方①ヴィトンの新品や未使用で値段が安すぎるものは要注意

購入する前に、まずは出品されていされているヴィトンの出品の情報を見て、ある程度偽物かどうかがわかる場合があります。状態について書いてある場合に、「新品」または「未使用」と表示してあるヴィトンのバッグや財布が1万円台や2万円台で出品されていることがあります。

冷静に考えると、定価10万円・20万円もするヴィトンのバッグや財布の新品もしくはそれに近い商品が、定価の約十分の一で手に入る状況はかなりおかしいので、1万円台・2万円台で出品されているヴィトンのバッグや財布はその時点でほぼアウトです。

しかし、限りなく怪しい商品なのにも関わらず、そういった怪しい価格のヴィトンの商品をラクマやメルカリなどのフリマアプリで開くと、実際にSOLDOUTになっていたり、コメントがついていたり、お気に入りになっていたりするので、一定数、騙されてしまう方がいるのだと思います。

もしくは、怪しいと感じている、または偽物とわかっているが、お得感のほうが勝ってしまい、購入してしまうのかもしれません。

偽物とわかって買った場合には、たとえばその偽物のバッグをほかの誰かに売った場合は、法律違反になるリスクもあります。

「自分で偽物だと分かって使っているからいいんだ」という考えの人がたまにいますが、犯罪に加担する行為にもなるのでやめましょう。

鑑定士

偽物とわかって買うのは絶対にだめです!

偽物を買いたくないという人は、このような新しめのバッグや財布で安すぎるものは、その時点で買わないことをお勧めします。

フリマアプリでの見分け方②ヴィトンの新品や未使用品を大量出品していたら要注意

上でも説明した新品や未使用でかなり安い商品をラクマで出品している出品者のもうひとつの特徴が、似たようなヴィトン(もしくはほかのハイブランド)の商品を同じ出品者が大量に出品しているという事です。

普通に考えて、本物の新品未使用のヴィトンを大量に安く仕入れることはほぼ不可能なので、こういったヴィトンの商品は確実に怪しいです。

フリマアプリでの見分け方③海外の偽物業者に要注意

上の二つの特徴は、いずれも海外の偽物業者の典型的な特徴です。偽物を大量に売っている業者の特徴として、やたらと綺麗に撮ってある商品の写真や、アカウントを頻繁に変えるため、アカウントが比較的新しいなどの特徴があります。

また、レベルが低い海外の偽物業者の場合、日本語の表現がおかしい場合があります。表現に違和感を感じたらそのアカウントでの買い物は要注意です。

ほかに海外の業者の特徴として、送り先が大阪や兵庫などの関西方面になっているということがあります。単純に業者の拠点が関西に多いのかもしれません。もしくは関西国際空港が近いという理由もあるようです。

あとは、だいたいの海外の業者のアカウントでは、発送の日数が長く設定されています(設定ができる最大の日数)。海外からの発送で時間がかかるからかもしれません。

フリマアプリでの見分け方④偽物かどうかを見極めるには、リクエストをすればよい?

先日、ラクマに実際に出品されている上の特徴が全部当てはまる海外の偽物業者と思われるアカウントの出品しているヴィトンのバッグに試しにコメントをしてみました。

すると意外と律儀にコメントを返してくれました。例えばヴィトンのバッグであればシリアルの写真をリクエストすれば、ちゃんと偽物のバッグについているシリアルの写真を追加してくれました。

なので、偽物業者の特徴があっても、まだわからない!という方は、商品にコメントをして、偽物の特徴がわかるようなリクエストをしてみましょう。

ヴィトンだったら、シリアルの写真のリクエストがわかりやすいと思います。

ちなみにヴィトンの本物のシリアルには特徴があります。

※新しいヴィトンにはシリアルの無いものがあるという情報があります(2021年4月現在)。今後はシリアルではなくICチップのようなものが埋め込まれるという噂もあります。

「関連記事」

返信があったらその返信を受けてから偽物かどうかを判断すればいいし、返信がなければその商品はあきらめて、別の商品を探しましょう。

フリマアプリでの見分け方⑤ヴィトンの偽物を写真で見分ける方法2点

写真でどうやって偽物かどうかを判断すればいいか分からない方の為に、ヴィトンの偽物の特徴と見分け方を二つ教えます。

①モノグラムの場合はヌメ革部分に特徴あり

モノグラム系のバッグの場合には写真でもヌメ革(ベージュ色の革の部分)の色味とコバ(革の端っこなどの処理の部分)で偽物かどうかわかる場合があります。

ヌメ革に関しては、本物と比べてやたらと白っぽいのが特徴です。コバに関しては、赤っぽい色味と処理の甘さが偽物の特徴です。

処理の甘さとは、本物の場合は基本的に塗料がはみ出すことなく綺麗に塗られいますが、偽物の場合は塗料がヌメ革の部分にはみ出たり、曲がったり、いびつだったりします。



寄りの写真でないと分かりにくいので、アップの写真がない場合は『持ち手の付け根が気になるので、アップの写真を見たい』などと言って、リクエストをしてみて判断します。

②ヴィトンのバッグは糸の縫い目に特徴あり

ヴィトンのバッグの縫製(糸の縫い方)は糸の通し方に特徴があります。基本的に『////』のように綺麗に斜めに糸が通してあるのが本物の特徴です。なので『/|/|』のようにいびつなものは偽物の可能性があります。『||||』の様にまっすぐ糸が通してある場合も偽物の可能性が高いです。

ただし、出来がいい?『////』になっている偽物もあるので、注意が必要です。

まとめ

今回は、ラクマなどのフリマアプリでルイ・ヴィトンのバッグや財布の偽物を出しているアカウントの特徴と写真でのコピー品かどうかの見分け方を中心に説明をしました。

フリマアプリで買いたい!と思ったバッグの商品ページに、今回説明した偽物の特徴が2個以上当てはまる場合にはそのバッグや財布は買わないほうが良いです。

どうしてもお得な本物のヴィトンのバッグが買いたい!という人は、近所やネットで質屋さんや、ブランドショップ、を利用するほうが個人的にはお勧めです!(ほぼ100%本物しかありません。)

鑑定士

中古で探せば意外とお得な商品もあります。